HOME > 新書 > 心を動かす交渉上手の思考法

心を動かす交渉上手の思考法

裁判官の仕事術にみた人を納得させて動かす技術

八代英輝(著)

新書判/224ページ
2015年11月19日発売/ISBN978-4-434-21126-3
発行:詩想社/発売:星雲社
定価:本体900円+税

Amazonで買う 楽天ブックスで買う セブンネットで買う

内容紹介

かけひきに強くなる「裁判官式」交渉思考!!


元裁判官で弁護士の著者が、

裁判官時代に身につけた交渉上手になる考え方、

情報整理法や、実戦的なかけひき論、

鉄壁の交渉話術、事前の準備法までを明かす。


裁判官席から学んだ負けない交渉術!!

・交渉に強くなる「裁判官式」情報整理

・相手のウソや矛盾をいち早く見抜く方法

・あとで後悔しない決断の法則

・留保を積み上げながら逃げ道をつくる

・交渉を有利にする「バッファ・ゾーン」

・交渉で勝つ「話し方」「聞き方」・・・・・・などなど


(「はじめに」より著者の言葉)

私の交渉に対する考え方は、裁判官時代に培われたものだ。(中略)

裁判官席からさまざまな弁護士、検事たちが互いの論を戦わせる場面を見るなかで、

どのような人が交渉人として優秀なのか、

またその逆に、どのような人が交渉下手なのか学ばせてもらった。(中略)

裁判官として情報を収集・整理し、納得できる結論を導いたり、

予断を排して事案を分析し、相手の矛盾やウソを見抜く。

場合によっては、対立する双方の間に立って和解を説得する(中略)

このときの裁判官特有の思考法が、

その後の私の交渉術の基本となっているのだ。


目次

はじめに 裁判官席から学んだ心を動かす交渉術

第1章 交渉上手になる「裁判官式」思考法

第2章 交渉を優位に進める実戦かけひき論

第3章 交渉で勝つ「話し方」「聞き方」

第4章 事前の準備で交渉は決まる

著者紹介

八代英輝(やしろ・ひでき)

1964年東京生まれ。弁護士、米国ニューヨーク州弁護士。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。司法研修の後、裁判官に任官。札幌地裁刑事部、大阪地裁民事部、大阪家裁を歴任。平成9年に裁判官を退官。東京弁護士会に登録。平成13年、米国コロンビア大学ロースクールに留学し修士課程修了後、米国ニューヨーク州司法試験に合格。全米法律家協会知的財産権部、ニューヨーク州弁護士会知的財産権部に所属。米国、ヨーロッパ、アジアに拠点をもつ国際法律事務所にて勤務した後独立し、現在、八代国際法律事務所代表。
『ひるおび!』(TBS)、『キャスト』(朝日放送)など、テレビ・ラジオで活躍中。著書に『八代英輝の会社で役立つ法律知識Q&A』(ロング新書)、『コンテンツビジネス・マネジメント』(東洋経済新報社)などがある。

<今月の新書ページ

| 新書 | 単行本 | 広告 | 会社概要 | お問い合わせ |