HOME > 新書 > 中流崩壊 日本のサラリーマンが下層化していく

中流崩壊 日本のサラリーマンが下層化していく

2020年、アベノミクス後の日本

榊原英資(著)

新書判/240ページ
2015年7月23日発売/ISBN978-4-434-20811-9
発行:詩想社/発売:星雲社
定価:本体920円+税

Amazonで買う 楽天ブックスで買う セブンネットで買う

内容紹介

2020年、アベノミクス後の日本を襲う衝撃!


グローバリゼーションの進展、
そして近代資本主義の限界に世界経済が直面するなか、
日本社会もいま、激変しようとしている。


子どもの貧困、若者の失業、非正規社員の急増、
「一億総中流」から脱落、貧困化していく人々……
ごく普通に豊かさを享受していた日本の「サラリーマン層」が、
二極分解し、その大部分が下層化していく2020年の日本社会の実像を読み解く。


また、格差拡大社会に対する、「政府による所得の再配分」の必要性を訴え、
「ゼロ成長」社会というこれからの日本が進むべき道を指し示す。


目次

はじめに 二極分解し、貧困化していくサラリーマン層

第1章 アベノミクスの展開と終焉

第2章 世界経済停滞の流れを読む

第3章 「近代資本主義の終焉」という大転換

第4章 一億総中流の「奇跡」はいかに実現したか

第5章 2020年東京オリンピックを迎える日

第6章 インターネット社会が変える私たちの生活

第7章 サラリーマンたちが下層化していく

第8章 「ゼロ成長」時代のこれからの日本

著者紹介

榊原英資(さかきばら えいすけ)

1941年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒業後、大蔵省に入省。ミシガン大学で経済学博士号取得。IMFエコノミスト、ハーバード大学客員准教授、大蔵省国際金融局長、同財務官を歴任する。為替・金融制度改革に尽力し、「ミスター円」と呼ばれる。1999年、退官後、慶應義塾大学教授、早稲田大学教授を経て、現在、青山学院大学教授、財団法人インド経済研究所理事長。『国家の成熟』(新潮新書)、『仕事に活きる教養としての「日本論」』(アスコム)、『経済交渉にみた本物の交渉力』(詩想社新書)など著書多数

<今月の新書ページ

| 新書 | 単行本 | 広告 | 会社概要 | お問い合わせ |